おもちゃの選び方

商品検索

検索

営業日カレンダー

2021年 12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
12月定休日
2022年 01月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
1月定休日
 

【営業時間】10:00〜18:00
【定休日】毎週月曜日

お得なメールマガジン

メール会員登録・解除
メールマガジン登録・解除

Google Map

GoogleMap (外観)
木のおもちゃと絵本の店ウーフ
GoogleMap (店内の様子)
店内の様子
 

【おもちゃじかん〜WEB版〜】3.BOOK

更新日:2021.09.29

1.PickUP2.おもちゃ箱3.BOOK 〉4.ばあばの孫育て 〉5.あったらいいなこんなもの 〉6.みんなでGAME

〜BOOK〜

しずかなしずかなクリスマス・イブのひみつ

クレメント・クラーク・ムーア/詩
アンジェラ・バレット/絵
石井睦美/訳 BL出版

1,760円

クリスマスイブの夜中、お父さんは物音で目を覚まします。煙突の下から飛び出してきたサンタクロースは、きらきらの目にバラの花の様な頬にかわいいえくぼ、笑みで弓のように跳ね上がった口で、ひみつだよとウィンクします。詩も絵も圧倒的な美しさ。

 

こうさぎたちのクリスマス

エイドリアン・アダムズ/作・絵
三原泉/訳 徳間書店

1,890円

こうさぎたちに頼まれて、うさぎの少年オーソンは大人たちには内緒のクリスマスパーティーの準備を仕切ります。年下の子たちに頼られて張り切る姿がとても微笑ましく、オーソンの両親が息子の成長を喜ぶ姿もあたたかい。

 

ゆうびんやのくまさん

フィービヒセルビ・ウォージントン/作
間崎ルリ子/訳 福音館書店

990円

たった一人で住んでいる郵便屋のくまさんは、クリスマス・イブの朝、手紙や小包の入った袋を駅で受け取り、手押し車に乗せて郵便局に運びます。全てに判子を押すと配達に出かけました…。働き者で、誠実なくまさんがみんな大好きです。  

 

クリスマス・イブ

マーガレット・W・ブラウン/文
ベニ・モントレソール/絵
矢川澄子/訳 ほるぷ出版

1,540円

クリスマスイブの真夜中、眠れない子どもたちはこっそり階下への冒険を試みます。外はしんしんと雪が降り、消えかけの暖炉の残り火に輝く見事なクリスマスツリー。子どもたちは動くことも話すこともできません。まるで魔法が本当になったみたい…。

 

メリークリスマス おさるのジョージ

M.&H.A.レイ/原作 福本友美子/訳
岩波書店

1,980円

きいろいぼうしのおじさんとクリスマスツリーを買いに来たジョージは、登っていた木と一緒にトラックで子どもの病院に運ばれてしまいます。悲しそうな顔をしていた子どもたちもジョージの面白いツリーの飾りつけを見て楽しくなっていきます。

 

しあわせなモミの木

シャーロット・ゾロトウ/文
ルース・ロビンス/絵 みらいなな/訳
童話屋

1,320円

お金持ちの人たちだけが住んでいる通りの空き家に引っ越してきたクロケットさんは、花屋さんで枯れかけの小さなモミの木を買いました。生きているものはみんなお互いに気持ちが伝わることを知っていたクロケットさんはモミの木を大切に世話して…。

 

ちゃいろいつつみ紙のはなし

アリソン・アトリー/作 殿内真帆/絵
松野正子/訳 福音館書店

1,210円

新聞屋さんで売られていた茶色い包み紙は、子どもたちのいる家に買われ、おばあさんへのクリスマスの贈り物を包む子包になりました。三か月後、イースターの贈り物を包んでもとの子どもたちの家に送られます。役目を果たし大切に扱われた包み紙のお話。

 

ふゆごもりのまえに

ジャン・ブレッド/作 こうのすゆきこ/訳
福音館書店

1,540円

ハリネズミのハリーは冬ごもりしようと巣穴に向かう途中、農場にいる動物たちから冬の素晴らしい話を聞き、「ぼくだってつららや雪だるまやひらひら降ってくる雪や凍った池をみてみたい。鈴の音もきいてみたい」と願います。それを見ていたサリーが…。

1.PickUP2.おもちゃ箱3.BOOK 〉4.ばあばの孫育て 〉5.あったらいいなこんなもの 〉6.みんなでGAME