おもちゃの選び方

商品検索

検索

営業日カレンダー

2018年 08月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
今日
8月定休日
2018年 09月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
9月定休日
 

【営業時間】10:30〜18:30
【定休日】毎週月曜日

お得なメールマガジン

メール会員登録・解除
メールマガジン登録・解除

Google Map

GoogleMap (外観)
木のおもちゃと絵本の店ウーフ
GoogleMap (店内の様子)
店内の様子
 

ポングラッツ人形

ポングラッツ人形 通販なら赤ちゃんの木のおもちゃウーフ

ポングラッツ人形


ポングラッツ人形
☆ポングラッツ人形☆
初めてこの人形にであったのは18年前。
店をオープンする時に訪れたアトリエ・ニキティキの展示会ででした。
たくさんのヨーロッパのおもちゃに囲まれた中で、静かに眠っていたこのベビーの前でどきん!としてそこから動けなくなってしまいました。
他にも何体かあったのですが、この子にひとめぼれしてしまいました。

それまで、人形というと怖いイメージがあってアンティークドールもお雛さんも遠巻きに見ていただけでした。ですので、そんな気持ちになったのは初めてでそれ以来ポングラッツ人形のとりこになり、合わせて人形が大人や子どもの中にどんな風に伝えられ、必要とされてきたのかを知ることも課題になりました。
 

ポングラッツ人形
☆18世紀、南チロル・グレドナー地方の木製人形☆
商品の詳細・ご購入はこちら!

人形というのは歴史をさかのぼると人類発祥の頃からで、人々の祈りの中で生まれてきたものです。
現在では人形の持つ意味・目的は、信仰やまじないに基づくものと子ども達の遊びにともなうものと鑑賞用の3種類になるかと思います。
長い民族の歴史の中で、形を変え、素材を変えたくさんの種類が生まれました。

以前訪れた横浜の人形の家には、現在140か国13,663点の人形が展示されていて、人々にとってなくてはならない人形の存在を感じました。

先日嬉しいことに、初めて人形あそびに使われた木の人形の復刻ができ手元に届きました。手と足が自在に動きます。こんな風に遊んでいたんだなーと、遠い異国のその昔に想いを馳せました。

ポングラッツさんは、ミュンヘンの国立美術大学の教育科に進み木彫を学びました。
人形が大好きだった彼女は、そのころにアーチストたちにもてはやされていた「ショーケース人形」ではなく、人にやさしさを与える人形、子どもに愛される人形を作りたいと、独自の人形作りを目指しました。

麻酔科の医師の夫の技術的な協力で、手と足が自由に動かせるためのジョイントの仕組みや頭をろくろで形作る方法を見つけました。

彼女の母はアンゴラやモヘアの手編みの洋服を作りポングラッツ夫人は、木綿地の下着から靴下、靴などの小さな部品のひとつひとつにもこだわり人形の頭はやわらかい菩提樹や楓で作り赤ちゃんの身体は、木綿地の中に細かく砕いた石を入れました。
ポングラッツ人形
ポングラッツ人形 赤ちゃん以外の人形もはじめは身体を布で作っていましたが、試作を重ねるうちに全身が木製に、背丈も現在のサイズに決まりました。
髪の毛の素材(水牛、やぎの毛)も、当時のケテクルーゼ人形の社長だった故アドラー氏の紹介で、最高品質の物が手に入るようになりました。

1982年の秋フランクフルトの見本市出品以来、ヨーロッパの人形界でポングラッツ人形は高い評価を得て、現在たくさんの支持者を持つ人形として世界にその名を知られるようになりました。

ニュルンベルグでの見本市でポングラッツさんにお会いした時は、神聖な雰囲気のたたずまいにことばも無くただ、ドキドキしていました。
ポングラッツ人形
3年前にドイツを訪れた際、ポングラッツ人形やナテラー人形の原点があるといわれる人形美術館を訪れ、手に入れた図録は私の宝物です。もう今は手に入らないサーシャ人形が何体も飾られているのを目にして、ポングラッツさんの目指そうとしたものが少しわかる気がしました。

ポングラッツさんのホームページです。もう見ているだけでしあわせになります。この中からご注文もできます。ただし。もう作っていないものがあります。小さなナンバーがあるものは可能なようです。これらはご注文から、お手元に届くまで半年から一年くらいかかります。)

 
ポングラッツ人形 ☆新しくやってきました。ポングラッツ人形☆
商品の詳細・ご購入はこちら!

2008年の展示会でひとめぼれして、新しく仲間入りしました。
目にちからがあって、みつめていると元気になるような・・・
その時々の自分の気持を映しているのかもしてないのですがどきん・・として手放せなくなりました。
この子は男の子という人もあり、女の子という人もあり、とても不思議なふんいきの子です。
蝶、ドイツの木のおもちゃ
ポングラッツ人形[女の子] ポングラッツベビー(中) ポングラッツ人形[男の子]
¥291,900(税込)
¥109,200(税込)
¥336,000(税込)
蝶、ドイツの木のおもちゃ

これまで、いくつものポングラッツ人形が旅立っていきました。が、なぜかやってくるお人形は、注文をされた方にどこか似ていて、不思議だなーと思ったことがたびたび。そして、また、何年か経って、その人形に再会することがあると、その可愛がり方で、顔つきが変わっていたりします。毎日ガーゼで顔を拭いてあげていたというHさんの子の顔はつやつやとまるで生きているようでびっくりしました。
これからも、いろんな物語が生まれることでしょう。